現地校

アメリカのヘルシースナック(小学校)

そもそも、小学校におやつの時間がある事自体、日本では想像出来ないことかも知れませんね。

アメリカの学校給食

アメリカの学校にも「スクールランチ」という、給食があります。忙しい主婦にとってありがたいのですが、そのメニューは、アメリカンフードそのもので、食生活を確立する大切な時期の子供達に、安心して食べさせられる、とは言い難いものです。

スペリングワードとボキャブラリーワード

日本のでは、国語の授業で漢字を習いますが、それと同じように、アメリカの小学校でも、英語の授業で単語を習います。

アメリカの算数

アメリカの小学校で習う教科は、主に以下のものがあります。

ESL/ESOL

アメリカの公立校には、引っ越してきたばかりで、まだ英語が分からないお子さんを対象とした、英語の補習授業クラスを設けている学校があります。

良い学校の探し方

ひと言で「良い学校」と言っても、ご両親の考え方や、お子さんによって、その基準はさまざまでしょう。

アメリカの通信簿(成績表)

3月16日に、現地校の3学期(3rd Quarter)が終わり、子ども達は通信簿(Report Card)をもらいました。

ハロウィーン・デコレーション〜学校編

毎年10月にはいると、町のいたるところでハロウイーンデコレーションがほどこされ、秋の訪れを感じさせてくれます。こういうところに手間ひまをかけて楽しむのが、心のゆとりなのでしょうか?

個人面談(conference)

新学期が始まり、1か月くらいたったところで、担任の先生との個人面談(conference)があります。ミドルスクールに通っている上の子には、もう、個人面談はありませんが、1st Gradeの下の子の個人面談が、今日ありました。

週末だけのペット(チンチラ)

Lower School(小学校)のサイエンスの授業のひとつとして、学校で飼育している小動物を、週末だけ希望者の家で預かるという企画があります。ペットのいない我が家に、今週末チンチラの「Snuggles」がやってきました。

学校のオープンハウス

長かった夏休みがとうとう終わり、いよいよ明日から、学校が始まります。夏休みの後半は、お友達に会えない寂しさからか、子供達は少しつまらなそうにしていましたので、待ちに待った新学期になりそうです。

夏休みの宿題

日本では、夏休みに入った学校が多いのではないでしょうか?宿題はたくさん出ましたか?私が子どもの頃は、毎年、ぎりぎりまで手を付けず、思いっきりボーッとした後、最後の1週間で慌てて仕上げていました(笑)。

Water Cycle

少し前のことですが、学校に子供達をお迎えに行ったら、長男が手作りブレスレットをしていました。誰かからのプレゼントかと思い、問いただしてみたところ、学校の授業で作ったものだった、なんてことがありました。

アジェンダ(Agenda)

このノートは上の子が一年間使った、アジェンダ(Agenda)です。3rd Gradeくらいからこのアジェンダを使うようになりました。毎日、その日の宿題を、黒板から書き写してくるノートです。

日本とアメリカとの教育の違い〜Kindergarten編

小学校が始まる前に、Kindergartenという準備段階が一年間あるというシステムは、アメリカ独特のものでしょうか?この「Kindergarten」からが義務教育ですので、アメリカの家庭では、日本より1年早い、5才から義務教育が始まります。

筆箱(Pencil Box)と連絡袋(Clear envelope)

キンダーガーテンで使っていた、アメリカ版の筆箱 Pencil Boxと アメリカ版連絡袋 Clear Envelopeが返ってきました。筆箱は教室に置きっぱなしなので、1年ぶりに見たわけです。

幼稚園(Kindergarten)の時間割

Kindergartenというと、日本で言う「幼稚園」に相当するのですが、アメリカではKindergartenは義務教育となります。ですので、いちおう時間割があり、「英語」や「算数」などの教科を勉強する時間があります。しかし、あくまでも「遊びながら学べる内容」となっています。

Honor code と Grading

On my honor, I have neither given nor received aid on this quiz.

学校から持って帰る、テスト(test)やクイズ(quiz)を見ると、生徒の署名とともに、いつもこの文章が書いてあります。これは、各々の生徒が、答案用紙に解答を書いた後に、「私はカンニングをしていません。」と誓って書くものです。

日本とアメリカの教科書

4月になって、日本語補習授業校でも新しい学年が始まりました。新たに配られた教科書を見て、あらためて日米の教科書の違いを感じました。

アメリカの学校の宿題

宿題は、もちろんお子さんが通われる学校によってさまざまですが、基本的に日本よりも量が多いのではないかと思います。それは、日本のような塾に通うという習慣がここには無いからだと思います。塾は勉強が遅れてしまったお子さんが通うもの、という感じを受けます。

読書ーAR プログラムー

ARプログラムとはAccelerated Reader Programの略で、生徒に本をたくさん読ませるためのプログラムです。アメリカ中すべての学校で、このARプログラムを導入している訳ではないと思いますが、読書に力をいれていることは、どこも変わりないと思います。

子供の学校 - チャータースクールとマグネットスクールー

最近日本でも注目されつつある、チャータースクールとマグネットスクール。聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

アメリカの学校ではー留年ー

日本の学校、とくに小学校で留年なんて、まず公立校では無理ですし、私立校でも聞いたことありませんよね。

アメリカの学校ではーPlayー

「Play」という単語にはいろいろな意味がありますが、ここでは、現地校でよく行われるPlay。すなわち劇についてお話します。

アメリカの学校ではーShow and Tellー

お子さんがプレスクールから1st gradeくらいまでの間、現地校ではshow and tellというものが必ずあります。これは、皆の前で発表の練習をする時間のことです。

子供の学校ー私立校ー

お子さんを私立の現地校に入学せる場合ですが、まず、クチコミやインターネットで学校の情報を収集しましょう。その他、実際に行ってみて場所を確認することも大切です。

子供の学校ー公立校ー

アメリカの学校の新学期は州によって異なりますが、だいたい8月下旬から9月1日までの間に始まります。ですので、誕生日によって日本の学年とずれる場合があります。

サッカークラブ

長男は、学校のサッカークラブに入っています。放課後に校庭で練習が行われるので、この日はお迎えもいつもより2時間ほど遅くなります。

ボランティア(volunteer)

長女の学年(5th grade)では、一年間のうち、10時間ほどボランティア活動をしないと、進級できないシステムになっています。どんなボランティアでも構わないのですが、必ず証明書を提出しなければなりません。

Copyright © 2004-2006 Kids Abroad Net. All Rights Reserved.
Yahoo! JAPAN
 
Web kids-abroad.net
Google
 
Web kids-abroad.net
研究者の妻たちへ - 子供を連れてアメリカ留学
Google
スポンサード リンク
メールマガジン

子供を連れてアメリカ留学!
研妻生活支援メルマガ

姓:名:
メール アドレス:

このサイトの検索・登録


複数キーワード検索はキーワード間を半角スペースで区切って下さい。

サイトをお気に入りに追加


Yahoo!ブックマークに登録

RSSリーダーに登録


はてなRSS
feedpath
Add to Google


ご意見・お問い合せ


最新エントリー
アメリカのヘルシースナック(小学校)
アメリカの学校給食
スペリングワードとボキャブラリーワード
アメリカの算数
ESL/ESOL
良い学校の探し方
アメリカの通信簿(成績表)
ハロウィーン・デコレーション〜学校編
個人面談(conference)
週末だけのペット(チンチラ)
学校のオープンハウス
夏休みの宿題
Water Cycle
アジェンダ(Agenda)
日本とアメリカとの教育の違い〜Kindergarten編
筆箱(Pencil Box)と連絡袋(Clear envelope)
幼稚園(Kindergarten)の時間割
Honor code と Grading
日本とアメリカの教科書
アメリカの学校の宿題

Last updated
2010年11月18日

世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中