Sugar Freeクッキー

日本でも肥満の低年齢化が問題になっていますが、アメリカの肥満人口は、日本など比べものにならないほど、かなり深刻な社会問題です。

SugarFreeOreo.jpg


日本もアメリカも同じですが、肥満を改善するには、小さな頃から、ひいては親の代からの食生活を、見直す必要がありそうです。しかしその一方で、食生活を見直し、体重を減らすことを真剣に考えている人も、増えてきているように思います。

クリニックの待合い室には、医師の指導のもとウエイトコントロールをしませんか?といった張り紙をよく目にしますし、スーパーには「Sugar Free」「Reduced Fat」「Low Carbohydrate」と銘打った食品を数多く見かけます。消費者に、健康食品ですと言わんばかりのこれらの商品ですが、果たして、本当にダイエットできるのでしょうか?

例えば、アメリカの子ども達が大好きなオレオクッキー。このオレオクッキーも、普通のオレオクッキーとSugar Freeのオオクッキーがあります。パッケージには、「Sugar Free」の文字がはっきりと書かれていて、いかにも、これなら太りませんといわんばかりです。

ところが、成分表を見てみてると、確かに砂糖は入っていませんが、カロリーは普通のオレオクッキーとほとんど同じ。しかも、カロリー数値を小さく見せるため(かどうかは分かりませんが)、Sugar Freeのクッキーの方が、普通のクッキーよりも、
Serving Size(一人前の分量)を少なくして計算しているのです。それで、単純に数字だけを比べると、まるでカロリーが少ないクッキーのように見えるのです。


体重を減らすため、甘いものをひかえるのではなく、甘いものは今まで通り食べながら、何とか痩せたい。そんな、消費者の気持ちをがっちりつかんだ商品が、今、アメリカのスーパーで人気を博しています。


ホーム > 現地での生活 > 生活メモ > 個別ページ (2008年02月07日投稿 - 2009年05月10日修正)

スポンサードリンク

Copyright © 2004-2006 Kids Abroad Net. All Rights Reserved.
Yahoo! JAPAN
 
Web kids-abroad.net
Google
 
Web kids-abroad.net
研究者の妻たちへ - 子供を連れてアメリカ留学
Google
スポンサード リンク
メールマガジンのご登録(無料)
kentsumaguide125x156.gif

『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』 無料進呈中!

子供を連れてアメリカ留学!
研妻生活支援メルマガ

お名前(姓・名)
メールアドレス

このサイトの登録・検索

RSSリーダーに登録 

    はてなRSS
feedpath    Add to Google


サイトをお気に入りに追加   ご意見・お問い合せ

『研究者の妻たちへ』サイト内検索


複数キーワード検索は、キーワード間を半角スペースで区切って下さい。
おすすめ関連書籍
最新エントリー
表紙を飾った写真たち
アメリカのクリスマスディナー
アメリカのテレビ(地上波アナログ放送終了)
アメリカのヘルシースナック(小学校)
アメリカでもエコバッグ
ビザ免除プログラム(VWP: Visa Waiver Program)と電子渡航認証システム(ESTA: Electronic System for Travel Authorization) 
Automatic Revalidation of Visa
薄切り肉の作り方
アメリカのCostcoは本当に安いのか?
アメリカのゴルフコース
アメリカのオーガニック食品
アメリカの乳製品
ガソリン節約術
Sugar Freeクッキー
Macintosh で Windows Media Video(WMV)ファイルを見る方法
アジアのサラダ(ヤムウンセン)
英語習得法
表紙を飾った写真達
英語の挨拶
アメリカの乾電池

Last updated
2010年11月18日

   

世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中

【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】

当サイトの最新記事・厳選情報をメールでお届けします。今ならメルマガにご登録いただいた方に、無料レポート
『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』
をプレゼント中!

お名前(姓・名)
メールアドレス

※ご入力いただいたメールアドレスは、【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】に代理登録されます。

[閉じる]