帰国しても英語を保持するには

アメリカ滞在中に、現地の学校生活や普段の暮らしの中で、子ども達は、異文化にふれ、さまざまな経験をします。

その中でも、まったく分からなかった英語を克服し、アメリカ人のお友達と普通に会話ができるまでになった、その英語力は、何にも代えがたい貴重な財産となることでしょう。


しかし、せっかく覚えた英語も、日本に帰国したら、忘れてしまうと言われています。


覚えたときの苦労を考えると、あっと言う間に忘れてしまっては、たまったものではありません。たとえ日本に帰国しても、英語力を保持したいと、考える方は多いと思います。


実は、私たち家族も、一回目の研究留学を終え、一度、日本に帰国した経験があります。


その時、娘は小学校1年生。アメリカでの滞在期間は2年半ほどでした。


帰国した途端に、娘の日本語に対する興味はふくれあがり、町中にある、日本語で書かれた看板を、面白がって読んでいたのを覚えています。


それと同時に、彼女の中の英語は、日に日に影が薄くなり、3か月を過ぎた頃には、100%日本語で会話をするようになりました。


帰国直後から、外国人講師による、週1回の英語保持教室にも通いました。

でも、本人に英語を続けようという、強い意志がありませんでしたので、効果があったのは、教室の宿題ででた英語の日記くらいでした。


私の娘のように、低学年で帰国した場合は、周りの環境に影響されやすく、帰国後の英語の保持は、とても難しいようです。


しかし、アメリカで苦労しながら英語を覚えた経験は、全く意味がなかった、かと言えば、そうではないと思います。


アメリカで過ごした、家族との楽しい思い出や、苦労しながら、第二外国語を覚えたという自信は、ずっと心の中に残ります。


そして、アメリカでの生活が、充実していればしている程、将来、中学校や高校で、英語を勉強するときの、「やる気」にもつながります。


また、実際に、英語を使う場面をたくさん経験していることによって、同じ授業を受けていても、ずっと日本で生活されているお子さんよりも、英語を身近に感じられることでしょう。


帰国時の年齢が、低学年のお子さんの場合、帰国後に英語を保持するという考え方よりは、現地での生活を、いかに充実させるかに力を注がれる方が、よろしいのではないかと思います。


一方、すでに英語での読み書きが、十分にできる学年で帰国されるお子さんは、日本でも英語を保持しやすいようです。


小さなお子さんが、会話をすることによって言葉を覚えていくのとは違って、文字を使って、言葉を習得するようになると、言葉の理解力は、より深まります。


「第二外国語の保持は、その言葉の本をどれだけ読むかによる」と言われています。英語の本をたくさん読むお子さんは、日本に帰国しても、それ程、英語力が落ちないようです。


日本に帰国される際は、お子さんの好きな、シリーズ本などを持って帰えられると良いでしょう。


アメリカに住んでいるときに、ものすごいスピードで、英語を吸収したのにべ、日本に帰ると、どうしてもスローペースになってしまいます。


でも、「継続は力なり」です。


持ち帰った本を読んだり、英語で日記を書いたり、英語の放送を聞いたりなど。英語に触れることをあきらめないで、根気強く続けることが、何よりも大切なのではないかと思います。

ホーム > 子供の生活 > 英語教育 > 個別ページ (2007年01月24日投稿 - 2009年05月28日修正)

スポンサードリンク

Copyright © 2004-2006 Kids Abroad Net. All Rights Reserved.
Yahoo! JAPAN
 
Web kids-abroad.net
Google
 
Web kids-abroad.net
研究者の妻たちへ - 子供を連れてアメリカ留学
Google
スポンサード リンク
メールマガジンのご登録(無料)
kentsumaguide125x156.gif

『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』 無料進呈中!

子供を連れてアメリカ留学!
研妻生活支援メルマガ

お名前(姓・名)
メールアドレス

このサイトの登録・検索

RSSリーダーに登録 

    はてなRSS
feedpath    Add to Google


サイトをお気に入りに追加   ご意見・お問い合せ

『研究者の妻たちへ』サイト内検索


複数キーワード検索は、キーワード間を半角スペースで区切って下さい。
おすすめ関連書籍
最新エントリー
表紙を飾った写真たち
アメリカのクリスマスディナー
アメリカのテレビ(地上波アナログ放送終了)
アメリカのヘルシースナック(小学校)
アメリカでもエコバッグ
ビザ免除プログラム(VWP: Visa Waiver Program)と電子渡航認証システム(ESTA: Electronic System for Travel Authorization) 
Automatic Revalidation of Visa
薄切り肉の作り方
アメリカのCostcoは本当に安いのか?
アメリカのゴルフコース
アメリカのオーガニック食品
アメリカの乳製品
ガソリン節約術
Sugar Freeクッキー
Macintosh で Windows Media Video(WMV)ファイルを見る方法
アジアのサラダ(ヤムウンセン)
英語習得法
表紙を飾った写真達
英語の挨拶
アメリカの乾電池

Last updated
2010年11月18日

   

世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中

【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】

当サイトの最新記事・厳選情報をメールでお届けします。今ならメルマガにご登録いただいた方に、無料レポート
『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』
をプレゼント中!

お名前(姓・名)
メールアドレス

※ご入力いただいたメールアドレスは、【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】に代理登録されます。

[閉じる]