ESL/ESOL

アメリカの公立校には、引っ越してきたばかりで、まだ英語が分からないお子さんを対象とした、英語の補習授業クラスを設けている学校があります。

ESL.jpg

この補習授業クラスのことをESL/ESOLといいます。ESLは「English as a Second Language」の頭文字、ESOLは「English for Speakers of Other Languages」の頭文字からきています。公立校ですので、無料でこのクラスの授業を受けることができます。

これらの授業のやり方は、学校によってさまざまで、特に外国人の多い地域では、クラス分けの段階から、分かれていることもあるようです。しかし、一般的には、普段は他の生徒と一緒に授業を受け、ESL/ESOLの時間のみ、別の教室に移動して受けるかたちが多いと思います。

あらかじめ、ESL/ESOLが何曜日の何時間目と決まっていて、高学年でしたら自分で、ESL/ESOLの教室へ移動しますが、低学年のお子さんでしたら、ESL/ESOLの先生が、教室までお迎えに来てくれるでしょう。ほとんどの場合、少人数制でレベルによって構成されています。高学年であっても、全く英語が分からない場合は、基礎から教えてもらえます。

いつまでESL/ESOLの授業が必要なのかは、お子さん、ひとりひとりによりますので、ESL/ESOLの先生の判断にゆだれられます。低学年のお子さんは、ネイティブのお子さんとの差があまりない分、短くてすむのですが、高学年となると、家庭での学習も必要かと思います。

成績表も、他の教科と別にあり、家庭との連絡も密ですので、進行状況をしっかり把握することができるでしょう。

私立校の場合は、ESL/ESOLのクラスがない場合が多いようです。しかし、そのような学校でも、低学年のうちでしたら、一学年程度、学年を落とすことで、入学を許可されることがあります。


以下に、私の子ども達が通う学校を参考に、目安を考えてみました。すべて、それぞれの学年が始まる時を基準にしました。

【キンダーガーテン】
自分の名前が書ける。

【1st Grade】
A〜Zまでのアルファベットの大文字が書ける。
簡単な絵本が読める。

【2st Grade】
A〜Zまでのアルファベットの大・小文字が書ける。日記程度の文章が書ける。50ページくらいの本が読める。

【3st Grade】
A〜Zまでのアルファベットの大・小文字/筆記体も書ける。手紙程度の文章が書ける。100ページくらいの本が読める。

【4st Grade】
ノート1ページ程度の長さの文章が書ける。150〜200ページくらいの本が読める。

【5st Grade】
3パラグラフくらいの、簡単なエッセイが書ける。ハリーポッター第1巻が読める。

【6st Grade】
日本の高校で習う程度の文法を理解している。5パラグラフくらいのエッセイが書ける。ハリーポッターの第3巻くらいまで読める。

第2外国語を習得するには、根気が必要です。子供は覚えるのが早いから、苦労しなくても、すぐ英語を覚えるだろうと思っている方も少なくないと思います。でも、自分の子供が第2外国語を習得する過程をずっと見てきている私としては、子供であっても、相当の努力と、それを継続する根気が必要だと思います。そして、それを支える親の努力も不可欠でしょう。

親にとって一番重要なことは、「自分の子供を信じること」そして、「一緒に耐えること」ではないかと思います。

ホーム > 子供の生活 > 現地校 > 個別ページ (2006年08月14日投稿 - 2006年08月24日修正)

スポンサードリンク

Copyright © 2004-2006 Kids Abroad Net. All Rights Reserved.
Yahoo! JAPAN
 
Web kids-abroad.net
Google
 
Web kids-abroad.net
研究者の妻たちへ - 子供を連れてアメリカ留学
Google
スポンサード リンク
メールマガジンのご登録(無料)
kentsumaguide125x156.gif

『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』 無料進呈中!

子供を連れてアメリカ留学!
研妻生活支援メルマガ

お名前(姓・名)
メールアドレス

このサイトの登録・検索

RSSリーダーに登録 

    はてなRSS
feedpath    Add to Google


サイトをお気に入りに追加   ご意見・お問い合せ

『研究者の妻たちへ』サイト内検索


複数キーワード検索は、キーワード間を半角スペースで区切って下さい。
おすすめ関連書籍
最新エントリー
表紙を飾った写真たち
アメリカのクリスマスディナー
アメリカのテレビ(地上波アナログ放送終了)
アメリカのヘルシースナック(小学校)
アメリカでもエコバッグ
ビザ免除プログラム(VWP: Visa Waiver Program)と電子渡航認証システム(ESTA: Electronic System for Travel Authorization) 
Automatic Revalidation of Visa
薄切り肉の作り方
アメリカのCostcoは本当に安いのか?
アメリカのゴルフコース
アメリカのオーガニック食品
アメリカの乳製品
ガソリン節約術
Sugar Freeクッキー
Macintosh で Windows Media Video(WMV)ファイルを見る方法
アジアのサラダ(ヤムウンセン)
英語習得法
表紙を飾った写真達
英語の挨拶
アメリカの乾電池

Last updated
2010年11月18日

   

世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中

【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】

当サイトの最新記事・厳選情報をメールでお届けします。今ならメルマガにご登録いただいた方に、無料レポート
『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』
をプレゼント中!

お名前(姓・名)
メールアドレス

※ご入力いただいたメールアドレスは、【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】に代理登録されます。

[閉じる]