アメリカの市販薬(OTC)

アメリカのドラッグ・ストアーやスーパーの薬売り場で買える市販薬(Over-the-Counter : OTC)は、日本人でも安心して飲めるものが多いのですが、一般的に体格の大きなアメリカ人向けの用法・用量となっていますので、日本人の体格に合わせて使用量を減らされると良いと思います。

解熱・鎮痛薬

  • acetaminophen【Tylenol(タイラノール)】日本では、タイレノール、カロナール、アンヒバ、宇津こども熱冷さまし
    OTC-Drug.jpg

    効き目は、比較的穏やかであるものの、一般的な用量では安全性が高いためか、人気のある薬です。子供から大人まで、発熱時の第一選択薬として医師にもよく処方されます。頭痛・歯痛・生理痛などにも効きますが、炎症を抑える効果はありません。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:アスピリン、イブプロフェンなど)と異なり、胃を刺激したり、腎臓への障害は少なめです。大量に飲むと重篤な肝障害を引き起こすことがあります。特に、アルコールと飲むと危険だと言われています。【Tylenol】以外にも、【Excedrin(エキセドリン)】の成分として用いられています。

  • aspirin【Bayer(ベイヤー)、Ecotrin(エコトリン:腸溶錠)】

    アスピリンは、日本でもバファリン等でおなじみの、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)です。解熱消炎鎮痛効果の他に、血を固まりにくくする作用(抗血小板作用)があり、心筋梗塞・脳梗塞などの治療にも用いられます。胃腸障害、アスピリン喘息などの副作用に注意が必要です。子供のインフルエンザには用いません(インフルエンザ脳症との関連性)。

  • Ibuprofen【Motrin(モートリン)、Advil(アドヴィル)、Nuprin(ニュープリン)】日本では、ブルフェン
    naproxen【Aleve(アリーブ)】

    Tylenolより強力な解熱消炎鎮痛作用をもつ、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)です。長期連用すると重篤な腎障害を起こします。アスピリン同様、胃腸障害・喘息・血液凝固障害にも注意が必要です。

総合感冒薬

  • 【Tylenol】【Excedrin】【Motrin】【Advil】

    これらの薬は、その解熱鎮痛効果(主成分)に、くしゃみ・鼻水・イガイガ(抗ヒスタミン薬)、せき(鎮咳薬)、鼻づまり(うっ血除去薬)などに対する成分を加えた総合感冒薬として、多くの種類が売られています。

    眠くならない昼用(Daytime)、強力な抗ヒスタミン成分で症状を抑える夜用(Nighttime)など、配合薬の違いにより効果・副作用に違いがあります。

    薬のパッケージに書かれている、配合成分を見ることにより効果・副作用がわかりますので、次の項の成分と照らし合わせて見てください。

抗アレルギー・抗ヒスタミン薬(花粉症、アレルギー性鼻炎・結膜炎、じんま疹など)

  • diphenhydramine【Benadryl(ベネドリル)】日本では、レスタミコーワ、ベナ、ドリエル

    古くから使用されている、抗ヒスタミン薬です。速効性があり効果も高いのですが、眠気や口の渇きなどの副作用があります。【Benadryl】とし売っているほかに、【Tylenol Severe Allergy】など、くしゃみ・鼻水・目・のどの痒みに対する感冒薬として使用されています。緑内障・前立腺肥大症の方などは使えません。眠くなるので、車の運転は避けた方が良いでしょう。

  • chlorpheniramine【Chlor-Trimetron(クロル・トリメトロン)】日本では、ポララミン
    brompheniramine【Dimetapp(ディメタップ)】
    clemastine【Tavist(タビスト)】日本では、タベジール

    Benadrylと同じ、抗ヒスタミン薬です。速効性があり効果も高いのですが、眠気や口の渇きなどの副作用があります。単体で売っているほかに、【Tylenol Allergy Complete Multi-Symptom】など、くしゃみ・鼻水・目・のどの痒みに対する感冒薬として使用されているものもあります。緑内障・前立腺肥大症の方などは使えません。眠くなるので、車の運転は避けた方が良いでしょう。

  • doxylamine【Sleep Aid(スリープ・エイド)】

    doxylamineも、抗ヒスタミン薬ですが、特に眠気の副作用が強いので、【Sleep Aid】など、睡眠改善薬として売られています。その他に、【Tylenol Cold & Flu Severe Nighttime】など、強めの感冒薬の夜用製品に配合されています。ちなみに、日本で売られている睡眠改善薬ドリエルは、diphenhydramine 【Benadryl】ですので、doxylamine 【Sleep Aid】より、効果が弱いと思われます。

  • loratadine【Alavert(アラバート)、Claritin(クラリトン)】日本では、クラリチン

    第2世代抗ヒスタミン薬で、眠気・口の渇きなどの副作用が弱いと言われています。即効性で、かつ持続性ですので、1日1回の服用ですみます。

その他の感冒薬

  • guaifenesin【Robitussin(ロビタシン)】

    気道分泌を増加させ、粘度を低下させて、痰をきりやすくします。dextromethorphan(DM)などの咳を抑える薬と配合されたりします。

  • pseudoephedrine【Sudafed(スーダフェッド)】
    phenylephrine【Sudafed PE(スーダフェッド PE)】
    oxymetazoline topical【Afrin(アフリン)】

    血管を収縮させ鼻づまりを緩和します。高血圧による脳出血などの副作用が報告されており、高血圧・糖尿病・心血管障害・甲状腺機能亢進・前立腺肥大・緑内障のある方は注意が必要です。

    pseudoephedrine(スードエフェドリン)は、覚醒剤の原料となることから、薬局のカウンター内管理となり、phenylephrine(フェニレフリン)を主成分とする製品へと移行しつつあります。

    oxymetazolineは局所用スプレーです。phenylephrineにも、局所用スプレーがあります。長期連用により、鼻づまりが悪化することがあります。

  • Zinc gluconate glycine【Cold-Eeze(コールド・イーズ)】

    風邪の初期に用いることにより、病期を短縮します。

  • benzoczine/dextromethorphan【Cepacol(セパコール)】

    ノドのイガイガ、痛みや乾燥による不快感を緩和します。のど飴(lozenges)、スプレー。マウス・ウオッシュがあります。

制酸薬

  • famotidine【Pepcid(ペプシド)】日本ではガスター
    ranitidine【Zantac(ザンタック)】
    cimetidine【Tagamet(タガメット)】

    H2ブロッカーとよばれる薬です。日本でも制酸薬として薬局で売っています。食道炎(むねやけ)、胃炎、胃・十二指腸かいように用います。

  • omeprazole【Prilosec(プリロセック)】日本ではオメプラール、オメプラゾン

    プロトンポンプ阻害剤とよばれる薬です。H2ブロッカーよりも強力に胃酸の分泌を抑制します。

  • calcium carbonate【Tums(タムズ)】

    胃酸を中和して、むねやけなどの症状を和らげます。骨粗鬆症の予防のためのカルシウムとしても用います。

  • aspirin/sodium bicarbonate/citric acid【Alka-Seltzer(アルカセルツァー)】

    頭痛・むねやけ・消化不良などに用いる配合薬です。

下剤

  • senna【Senokot(セノコット)】
  • bisacodyl【Dulcolax(デューコラックス)】
  • magnesium citrate【Citrate of Magnesia(サイトレイト・オブ・マグネシア)、Citroma(シトロマ)】
  • simethicone【Gas-X(ガス・エックス)】

    腹部膨満感、おなら、ゲップなどの腸内ガスによる症状を緩和します。

下痢止め

  • bismuth subsalicylate【Kaopectate、Pepto-Bismol(カオペクテイト、ペプト・ビスモール)】
  • loperamide【Imodium(イモディウム)】

    対症療法薬ですので、下痢の原因そのものを治すことはできません。細菌性下痢症では、下痢を止めると、かえって治りが悪くなるおそれがあります。

吐き気止め

  • phosphorated carbohydrate【Emetrol(エメトロール)】

乗り物酔い

  • dimenhydrinate【Dramamine(ドラマミン)】

消毒薬

  • povidone-iodine【Betadine(ベタダイン)】
  • alcohol【消毒用アルコール】

外用軟膏

  • hydrocortisone【Tucks(タックス)】

    ステロイド外用軟膏。発疹・虫さされなどに。hemorrhoidal ointment(痔用軟膏)などもあります。

  • phenylephrineなど【Preparation H(プリパレーションH)】

    痔用の軟膏・クリーム・坐薬など

  • bacitracin/neomycin/polymyxin B【Neosporin(ネオスポリン)】

    化膿止め(抗生物質)軟膏。切り傷、火傷、虫さされなどに。

  • terbinafine【Lamisil(ラミシル)】

    水虫・タムシ用クリーム(抗真菌薬)。

点眼薬

  • tetrahydrozoline【Visine(バイシン)】

    目の疲れ・充血に。

  • 【ReNu(レニュー)】

    コンタクトレンズ用溶液、各種あります。

ホーム > 現地での生活 > 医療・健康 > 個別ページ (2006年04月02日投稿 - 2006年06月08日修正)

スポンサードリンク

Copyright © 2004-2006 Kids Abroad Net. All Rights Reserved.
Yahoo! JAPAN
 
Web kids-abroad.net
Google
 
Web kids-abroad.net
研究者の妻たちへ - 子供を連れてアメリカ留学
Google
スポンサード リンク
メールマガジンのご登録(無料)
kentsumaguide125x156.gif

『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』 無料進呈中!

子供を連れてアメリカ留学!
研妻生活支援メルマガ

お名前(姓・名)
メールアドレス

このサイトの登録・検索

RSSリーダーに登録 

    はてなRSS
feedpath    Add to Google


サイトをお気に入りに追加   ご意見・お問い合せ

『研究者の妻たちへ』サイト内検索


複数キーワード検索は、キーワード間を半角スペースで区切って下さい。
おすすめ関連書籍
最新エントリー
表紙を飾った写真たち
アメリカのクリスマスディナー
アメリカのテレビ(地上波アナログ放送終了)
アメリカのヘルシースナック(小学校)
アメリカでもエコバッグ
ビザ免除プログラム(VWP: Visa Waiver Program)と電子渡航認証システム(ESTA: Electronic System for Travel Authorization) 
Automatic Revalidation of Visa
薄切り肉の作り方
アメリカのCostcoは本当に安いのか?
アメリカのゴルフコース
アメリカのオーガニック食品
アメリカの乳製品
ガソリン節約術
Sugar Freeクッキー
Macintosh で Windows Media Video(WMV)ファイルを見る方法
アジアのサラダ(ヤムウンセン)
英語習得法
表紙を飾った写真達
英語の挨拶
アメリカの乾電池

Last updated
2010年11月18日

   

世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中

【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】

当サイトの最新記事・厳選情報をメールでお届けします。今ならメルマガにご登録いただいた方に、無料レポート
『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』
をプレゼント中!

お名前(姓・名)
メールアドレス

※ご入力いただいたメールアドレスは、【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】に代理登録されます。

[閉じる]