生活費

留学前に、しっかりと計画を立てたいものの一つに「留学資金」があります。しかし、現地での生活費の検討がつかないと、なかなか全体像がつかみにくいのではないでしょうか。

「お金」の話は、他人には聞きづらいものもあると思いましたので、ある月の我が家の家計簿を公開させて頂くことにしました。もちろん、住む場所や家族構成によって違いますので、ご参考までということでお願いします。

家族構成

夫婦と子供二人(中学生の女の子と小学生の男の子)

住居環境

南部の中規模都市

家賃 $1550
食費 $800
電気 $138
水道 $13
電話(国際電話・インターネットDSLも含む) $88
ケーブルテレビ(スタンダードのみ) $18
携帯電話(2機・プリペイド) $42
ガソリン(車2台分) $300
外食費 $150
被服費 $23
教育費(子供2人の日本語補習校やドリル代など) $250
子どもの習い事 $160
交際費 $30
合計 $3562

このような結果となりました。

この地区には、ガスの供給はなく、すべて電気に頼っています。

教育費のなかには、日本語補習校の月謝や、日本から取り寄せたドリル・通信教育代などがふくまれています。現地校(小学校・幼稚園等)が私立の場合は、これに加えて月謝がかかります。

食費の面では、いつも安売り広告をチェックし、気を使っていたにも関わらず、意外と高額だったので、ちょっとびっくりしました。

日本食材が高価であることと、育ち盛りの子どもが二人いるために、高くついてしまったようです。

もう少し、節約しなくては(汗)

アメリカ食材を使った、美味しくて、お腹が一杯になる「節約メニュー」レシピをご存じの方は、こちらまでご連絡いただけるととても助かります!

ホーム > セットアップ > 住居・生活 > 個別ページ (2006年04月24日投稿 - 2006年04月28日修正)

スポンサードリンク

Copyright © 2004-2006 Kids Abroad Net. All Rights Reserved.
Yahoo! JAPAN
 
Web kids-abroad.net
Google
 
Web kids-abroad.net
研究者の妻たちへ - 子供を連れてアメリカ留学
Google
スポンサード リンク
メールマガジンのご登録(無料)
kentsumaguide125x156.gif

『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』 無料進呈中!

子供を連れてアメリカ留学!
研妻生活支援メルマガ

お名前(姓・名)
メールアドレス

このサイトの登録・検索

RSSリーダーに登録 

    はてなRSS
feedpath    Add to Google


サイトをお気に入りに追加   ご意見・お問い合せ

『研究者の妻たちへ』サイト内検索


複数キーワード検索は、キーワード間を半角スペースで区切って下さい。
おすすめ関連書籍
最新エントリー
表紙を飾った写真たち
アメリカのクリスマスディナー
アメリカのテレビ(地上波アナログ放送終了)
アメリカのヘルシースナック(小学校)
アメリカでもエコバッグ
ビザ免除プログラム(VWP: Visa Waiver Program)と電子渡航認証システム(ESTA: Electronic System for Travel Authorization) 
Automatic Revalidation of Visa
薄切り肉の作り方
アメリカのCostcoは本当に安いのか?
アメリカのゴルフコース
アメリカのオーガニック食品
アメリカの乳製品
ガソリン節約術
Sugar Freeクッキー
Macintosh で Windows Media Video(WMV)ファイルを見る方法
アジアのサラダ(ヤムウンセン)
英語習得法
表紙を飾った写真達
英語の挨拶
アメリカの乾電池

Last updated
2010年11月18日

   

世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中

【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】

当サイトの最新記事・厳選情報をメールでお届けします。今ならメルマガにご登録いただいた方に、無料レポート
『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』
をプレゼント中!

お名前(姓・名)
メールアドレス

※ご入力いただいたメールアドレスは、【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】に代理登録されます。

[閉じる]