アメリカ基本情報 Part 2

アメリカに生活するために必要な情報です。

チップ Tip(Gratuity)

  • レストラン
  • ランチやカジュアルなレストランでは、税金が加算される前の合計金額の15%程度。
    フォーマルなレストラン(白いテーブルクロスがかかっている場合)は20%程度。
    バッフェは、飲み物の注文を取りに来た時のみ15%程度。

    レストランでのチップの渡し方ですが、現金の場合は、チップを上乗せした合計金額を机の上に置いてお店を出ます。もし、おつりが欲しい場合は、レシートとお金を「Change please.」と言って担当の店員さんに渡します。おつりを持って来てくれたら、チップを机の上に置いて店を出ます。

    クレジットカードの場合は、レシートとクレジットカードを一緒に机の上の目立つ所においておきます。担当の店員さんが取って行き、レジで会計をしたあとカードとレシートを持って来てくれるので、お店用のレシートにチップを上乗せした合計金額を書き、サインをしてレシートを置いて店を出ます。

    日本式にレジのところで払うレストラン(バッフェなど)の場合は、予めチップを机の上におき、レジのところでお金を払います。

  • 美容院
  • 料金の15%をカットしてくれた人に渡します。カットしてくれた人とシャンプーしてくれた人が違う場合は、シャンプーしてくれた人に$2〜3渡します。
    カットしてくれた人がその店のオーナーの場合は、チップはいりません。

    チップの渡し方ですが、カットが終わったあとに直接手渡すか、料金をレジで払うときに上乗せして払うか、または、クレジットカードでチップを上乗せした金額を払い、お店のレジからチップ分の現金をもらい、直接美容師さんに手渡すなんて時もあります。カットが終わったあとに直接手渡す方法が一般的なような気がしますが、その場で聞いてみるのも良いと思います。

  • ホテル
  •  

    ホテルに着いて、ドアマンが荷物をフロントデスクまで運んでくれたら、荷物一つにつき$1、ベルマンがフロントデスクから部屋まで運んでくれたら、また、荷物一つにつき$1のチップを払います。前もって$1札をポケットに入れておく必要があります。

    ロビーのコンシェルジュで、レストランの予約などをしてもらったら$1〜2のチップを渡します。
    ルームサービスを持ってきてくれた時も、$1〜2のチップを渡します。

    部屋のベッドメーキングの人へ、1人につき$1をベッドの横にあるテーブルの上などに置きます。連泊する場合は、一日ずつ置くのではなく最終日にまとめて、引き出しの中などにある、ホテルの封筒の中に、全泊分のチップを入れ、テーブルに置きます。

  • タクシー
  • タクシー料金の15%を払います。チップを上乗せした金額を最初から渡したり、一旦おつりをもらった後で、チップのみを渡したり、チップを上乗せした金額を差し引いた分をおつりとしてもらったり、払いかたは様々です。

  • ピザ宅配
  • 宅配を頼んだときは、持って来てくれた人に、10%のチップを渡します。また、「Carry Out」と行って、電話で注文し、指定の時間に取りに行くことも出来ます。この場合は、ピザの値段も宅配するときよりも安くなりますし、チップを払う必要もありませんので、お得です。

  • 引っ越し屋さん
  • 引っ越しの作業に来てくれた人に、一人当たり$20くらいのチップを渡します。(日系の引っ越し屋さんは受け取られないかも知れません)その他に、作業中に、飲み水を要求される場合があり、私の住んでいる州では「水をあげなければならない」という法律があるようです。

  • Valet Parking
  • ホテルや高級レストランでは、入り口に「Valet Parking」という看板があります。この場合、パーキングの係の人に車のキーを預け、その人に駐車してもらいます。普通キーを預けたときに半券をくれます。帰りには、駐車が有料であれば会計をし、最初にもらった半券を渡して車を持ってきてもらうときに、$1程度のチップを渡します。

  • 洗車
  • 手洗い洗車をしてくれた人へ$1程度のチップを渡します。

  • スーパーマーケット
  • 高級スーパーマーケットでは、買い物したものを袋に詰めてくれて、車のトランクの中に積んでくれます。この場合も、$1程度のチップを渡します。

    この他にも、チップを払う場面はあると思います。日本では、チップの習慣がありませんので、とても戸惑います。基本的に、何かサービスを受けた場合、チップが必要と思っていたほうが良さそうです。しかし、日常の生活をしている間は、チップを払う時といったら、レストランと美容院くらいでしょう。

郵便料金(5/14/2007改訂)

アメリカ国内で葉書・封書・荷物を送る場合の料金

葉書 封書 Priority Express
送料 $0.26 $0.41〜 $4.60〜 $16.25〜

日本へ葉書・封書を送る場合の料金

葉書 封書(~ 1 oz) 封書(~ 2 oz)
送料 $0.90 $0.90 $1.80

日本へ1 kg = 35 oz = 2.2 lbの荷物を送る場合の料金

<注>船便の扱いは、なくなりました。

First-Class
(7日以上)
Priority
(6〜10日)
Express
(3〜5日)
Guaranteed
(1〜3日)
送料 $17.35 $29.50 $36.00 $63.00〜

USPS公式サイト:アメリカ国内の郵便料金表
USPS公式サイト:アメリカから日本への郵便料金表
USPS公式サイト:送料計算ページ

アメリカ国内・日本への様々な郵便サービスについて

洋服・靴のサイズ

女性用の洋服

日本 7号 9号 11号 13号
アメリカ 0 2 4 6

女性用の靴

25.0
日本 22.0 22.5 23.0 23.5 24.0 24.5
アメリカ 5 5-1/2 6 6-1/2 7 7-1/2 8

子供用の靴

日本 14.0 14.5 15.0 15.5 16.0 16.5 17.0
アメリカ 8 8-1/2 9 9-1/2 10 10-1/2 11
日本 17.5 18.0 18.5 19.0 19.5 20.0 20.5
アメリカ 11-1/2 12 12-1/2 13 13-1/2 1 1-1/2

アメリカの単位

日本で使われている単位と、アメリカで使われている単位は違いますのでとても戸惑います。こちらのページをご参照ください。

クリスマスプレゼント

アメリカ人はプレゼントが大好きです。特に、クリスマスプレゼントの交換は、盛んに行われます。日本のお歳暮に似ているように思います。学校の先生(教科ごとに先生が違うと、すべての先生に贈る人が多いです)や、アパートの管理人さんなどにはカードを添えて、あげましょう。学校の先生には、クリスマス以外に、学年の最後に特にお世話になった担任の先生などにプレゼントを贈ります。

ホーム > セットアップ > 住居・生活 > 個別ページ (2005年10月09日投稿 - 2007年06月04日修正)

スポンサードリンク

Copyright © 2004-2006 Kids Abroad Net. All Rights Reserved.
Yahoo! JAPAN
 
Web kids-abroad.net
Google
 
Web kids-abroad.net
研究者の妻たちへ - 子供を連れてアメリカ留学
Google
スポンサード リンク
メールマガジンのご登録(無料)
kentsumaguide125x156.gif

『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』 無料進呈中!

子供を連れてアメリカ留学!
研妻生活支援メルマガ

お名前(姓・名)
メールアドレス

このサイトの登録・検索

RSSリーダーに登録 

    はてなRSS
feedpath    Add to Google


サイトをお気に入りに追加   ご意見・お問い合せ

『研究者の妻たちへ』サイト内検索


複数キーワード検索は、キーワード間を半角スペースで区切って下さい。
おすすめ関連書籍
最新エントリー
表紙を飾った写真たち
アメリカのクリスマスディナー
アメリカのテレビ(地上波アナログ放送終了)
アメリカのヘルシースナック(小学校)
アメリカでもエコバッグ
ビザ免除プログラム(VWP: Visa Waiver Program)と電子渡航認証システム(ESTA: Electronic System for Travel Authorization) 
Automatic Revalidation of Visa
薄切り肉の作り方
アメリカのCostcoは本当に安いのか?
アメリカのゴルフコース
アメリカのオーガニック食品
アメリカの乳製品
ガソリン節約術
Sugar Freeクッキー
Macintosh で Windows Media Video(WMV)ファイルを見る方法
アジアのサラダ(ヤムウンセン)
英語習得法
表紙を飾った写真達
英語の挨拶
アメリカの乾電池

Last updated
2010年11月18日

   

世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中

【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】

当サイトの最新記事・厳選情報をメールでお届けします。今ならメルマガにご登録いただいた方に、無料レポート
『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』
をプレゼント中!

お名前(姓・名)
メールアドレス

※ご入力いただいたメールアドレスは、【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】に代理登録されます。

[閉じる]