こどもちゃれんじ

日本語に触れる機会が少ないアメリカで、日本語を保持するのはとても難しい事だと思います。特に現地の学校に慣れてくると、ますます日本語から遠ざかってしまいます。

うちの子も、現地の学校に通い始めて1年くらいすると、英語ばかりしゃべって日本語には全然興味を示してくれなくなりました。このまま日本語が分からなくなってしまったら、将来日本に帰国した時に、苦労するだろうと焦って、ベネッセの「こどもちゃれんじ」に入会しました。

こどもちゃれんじ」は、海外にでも直接教材を送って(検疫を通過できない植物の種子などは除く)くれますし、ワークブックも無理なく進められる内容になっています。人気キャラクターの「しまじろう」が登場するので、息子はこの「こどもちゃれんじ」が届くと大喜びです。届いた日には、ずっと付録を作ったりワークブックをやったりして、いつもの「やんちゃ坊主」が静かになります。

特にワークブックが大好きで、届いた日に半分以上は終えてしまいます。2ヶ月に1度届くビデオ(またはDVD)も、何度も繰り返し見ています。最初は、年齢的にまだ日本語補習授業校に通えなかったので始めましたが、日本語補習校に通うようになってからも、続けています。

そのおかげで、最近は日本語の絵本が、ひとりで読めるようになりました。将来日本に帰国してからの事を考えると、無理なく、楽しんで続けられる日本語教材が良いのではないでしょうか。また、渡米直後に現地校で自信をなくされているお子さんにもお勧めです。日本語で自信を取り戻すことで、現地校に通う意欲も湧いてきます。

また、「こどもちゃれんじ」シリーズには「おやこえいご」と言う教材もあります。渡米前に、英語を遊びのひとつとして楽しむことで、「英語に対する前向きな気持ち」が作られれば、アメリカに来られてからも馴染みやすいかもしれません。

ホーム > 子供の生活 > 日本語教育 > 個別ページ (2005年03月15日投稿 - 2007年09月02日修正)

スポンサードリンク

Copyright © 2004-2006 Kids Abroad Net. All Rights Reserved.
Yahoo! JAPAN
 
Web kids-abroad.net
Google
 
Web kids-abroad.net
研究者の妻たちへ - 子供を連れてアメリカ留学
Google
スポンサード リンク
メールマガジンのご登録(無料)
kentsumaguide125x156.gif

『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』 無料進呈中!

子供を連れてアメリカ留学!
研妻生活支援メルマガ

お名前(姓・名)
メールアドレス

このサイトの登録・検索

RSSリーダーに登録 

    はてなRSS
feedpath    Add to Google


サイトをお気に入りに追加   ご意見・お問い合せ

『研究者の妻たちへ』サイト内検索


複数キーワード検索は、キーワード間を半角スペースで区切って下さい。
おすすめ関連書籍
最新エントリー
表紙を飾った写真たち
アメリカのクリスマスディナー
アメリカのテレビ(地上波アナログ放送終了)
アメリカのヘルシースナック(小学校)
アメリカでもエコバッグ
ビザ免除プログラム(VWP: Visa Waiver Program)と電子渡航認証システム(ESTA: Electronic System for Travel Authorization) 
Automatic Revalidation of Visa
薄切り肉の作り方
アメリカのCostcoは本当に安いのか?
アメリカのゴルフコース
アメリカのオーガニック食品
アメリカの乳製品
ガソリン節約術
Sugar Freeクッキー
Macintosh で Windows Media Video(WMV)ファイルを見る方法
アジアのサラダ(ヤムウンセン)
英語習得法
表紙を飾った写真達
英語の挨拶
アメリカの乾電池

Last updated
2010年11月18日

   

世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中

【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】

当サイトの最新記事・厳選情報をメールでお届けします。今ならメルマガにご登録いただいた方に、無料レポート
『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』
をプレゼント中!

お名前(姓・名)
メールアドレス

※ご入力いただいたメールアドレスは、【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】に代理登録されます。

[閉じる]