子供はどのくらいすると英語がしゃべれるようになるの?

この質問は、日本から来られた方によく聞かれます。私の子供達や周りのお子さん達を見て感じるのは、アメリカに来られた時のお子さんの年齢とお子さんの性格、そしてアメリカでの環境によって様々なような気がします。

年齢

現地のお子さんも、まだはっきり言葉を喋る年齢に至っていない時期は、言葉云々よりも集団生活に慣れるかどうかが問題なのだと思います。ですから、お母さんと離れる事に不安を感じなくなれば、英語を覚えるのにそれほど時間はかからないと思います。しかし、この時期のお子さんが喋る言葉は、まだ単語数も少ないですし、いわゆる「かたこと」ですので、ペラペラとまではいかないでしょう。でも、発音はきれいです。

日本ですでに幼稚園に通われていたお子さんは、集団生活には慣れているのですが、日本とのあまりの違いに、カルチャーショックを受け、かえってとけ込みにくい場合があります。
私が思うには、「靴を履いたまま何処へでも行く」習慣を受け入れるのに時間がかかるのではないかと思っています(お昼寝も靴を履いたままです)。

最初は幼稚園に行きたがらず、母親として大変心配されると思いますが、こういう時期にいくら英語を覚えさせようと必死になっても、逆効果になります。家に帰ってきたら思いっきり日本語に触れさせてあげて、自信をつけてあげましょう。半年くらいはこの励まし作戦で様子をみてあげて欲しいと思います。

小学生以上になると、現地のお子さんもかなり喋れますし、読み書きもできます。このくらいの年齢になると、「様子を見る」だけでは、適応するまでに時間がかかってしまうと思います。English as a Second Language (ESL)/English for Speakers of Other Languages (ESOL) クラスの善し悪しにもよりますが、宿題をきっちりとこなしていくことが重要です。授業について行くのが大変であれば、一時的に家庭教師をつけるのも良いでしょう。現地校の担任の先生やESLの先生に相談してみて下さい。そして、同時に日本語補習校で自信をつけてあげることも大切です。

特に、小学校の中学年以上で初めて現地の学校に通われる場合は、親子ともに覚悟が必要です。日本からのお子さんは、英語はダメでも算数は得意な(他の子より進んでいる)場合が多いのですが、最初は算数の問題すら読めません。遅れている英語を補って、進んでいる算数を伸ばす柔軟な対応をしてくれる学校が必要です。この学年からは、親の力だけではどうにもなりません。場合によっては、学年を落とすことが必要になるかも知れません。

性格

外向的なお子さんと内向的なお子さんでは、やはり当初は差が出ます。外向的なお子さんは、最初の一言が出るのが早いようです。反対に内向的なお子さんは、どうしても消極的になりがちで、時間がかかるのでしょう。

しかし、どんなお子さんでも、だいたい1年くらいたつと、先生や友達の言っていることを理解できるようになり、早いお子さんでは日常会話も出来るようになってきます。そして、2年が終わるころには授業の内容もだいぶ理解できるようになるのではないでしょうか。

最初は聞いている時期があり、その間、自分の中に英語をため込んでいます。ですから、たとえ何も喋らなくても確実に英語力はついているのです。そしてある時、自分の引き出しにたまった英語を、今度は外に出し始めます。

この「英語をためている期間」に自信をなくさないように、励まし続けてあげて欲しいと思います。

環境

現地校に、日本人や英語を母国語としないお子さんが沢山いる場合は、英語にふれる時間が短くなりますので、英語を覚えるのに時間がかかります。また、発音の面でも、他言語なまりの英語を覚えてしまう事がありますので、学校選びは重要だと思います。限られた時間で、英語を覚えるには環境でも大きく左右されます。

しかし、日本人と全く交流が無くなってしまうのも、良くありません。もちろん、日本語保持の為でもありますが、日本語で遊べるお友達は、その子にとって「心のより所」であり、ホッとできる存在です。このように、自分が安心出来る場所、自信を取り戻せる場所があることも、現地校でのびのびと生活を送るための重要な要素だと思います。日本語補習校に通ったり、個々で連絡を取り合って、現地校がお休みの時などに遊ぶ機会を持てるようにしてあげると良いと思います。

ホーム > 子供の生活 > 英語教育 > 個別ページ (2005年03月17日投稿 - 2006年04月15日修正)

スポンサードリンク

Copyright © 2004-2006 Kids Abroad Net. All Rights Reserved.
Yahoo! JAPAN
 
Web kids-abroad.net
Google
 
Web kids-abroad.net
研究者の妻たちへ - 子供を連れてアメリカ留学
Google
スポンサード リンク
メールマガジンのご登録(無料)
kentsumaguide125x156.gif

『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』 無料進呈中!

子供を連れてアメリカ留学!
研妻生活支援メルマガ

お名前(姓・名)
メールアドレス

このサイトの登録・検索

RSSリーダーに登録 

    はてなRSS
feedpath    Add to Google


サイトをお気に入りに追加   ご意見・お問い合せ

『研究者の妻たちへ』サイト内検索


複数キーワード検索は、キーワード間を半角スペースで区切って下さい。
おすすめ関連書籍
最新エントリー
表紙を飾った写真たち
アメリカのクリスマスディナー
アメリカのテレビ(地上波アナログ放送終了)
アメリカのヘルシースナック(小学校)
アメリカでもエコバッグ
ビザ免除プログラム(VWP: Visa Waiver Program)と電子渡航認証システム(ESTA: Electronic System for Travel Authorization) 
Automatic Revalidation of Visa
薄切り肉の作り方
アメリカのCostcoは本当に安いのか?
アメリカのゴルフコース
アメリカのオーガニック食品
アメリカの乳製品
ガソリン節約術
Sugar Freeクッキー
Macintosh で Windows Media Video(WMV)ファイルを見る方法
アジアのサラダ(ヤムウンセン)
英語習得法
表紙を飾った写真達
英語の挨拶
アメリカの乾電池

Last updated
2010年11月18日

   

世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中

【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】

当サイトの最新記事・厳選情報をメールでお届けします。今ならメルマガにご登録いただいた方に、無料レポート
『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』
をプレゼント中!

お名前(姓・名)
メールアドレス

※ご入力いただいたメールアドレスは、【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】に代理登録されます。

[閉じる]