アメリカの学校ではー留年ー

日本の学校、とくに小学校で留年なんて、まず公立校では無理ですし、私立校でも聞いたことありませんよね。

しかし、アメリカの学校ではよくある話なのです。学年を落とす...聞いただけでも屈辱的なことに思われがちですが、考えてみれば、人はそれぞれ個性があり、向き不向きもある。成長の速度だって、子供によってさまざまです。

人より1年、2年遅らせたからといって、20年後、30年後は何か変わっているでしょうか。
それよりも、子供の時に、その子にあった教育を受ける方が大切、と考えられているようです。

日本から来たお子さんの中にも、小学校3年生以上になると、最初は英語が大変難しく、学年を落とす方がおられます。
しかし、その方がそのお子さんにとって、充実した学校生活が送れるのであれば、私は大いに結構な事だと思います。

日本のお子さんは、英語力だけが問題であって、特に算数などは全く劣ることはありません。時間をかければ十分追いつきます。
担任の先生が英語力に問題がないと判断すれば、途中で本来の学年に戻ることも可能です。

このような、回りの人の目を気にせず、自分のやりたい事をやりたいように自由にやる、いいえ、そうさせてくれる雰囲気が、アメリカの良い点の一つだと思います。とっても楽なのです。

ホーム > 子供の生活 > 現地校 > 個別ページ (2005年02月01日投稿 - 2006年04月15日修正)

スポンサードリンク

Copyright © 2004-2006 Kids Abroad Net. All Rights Reserved.
Yahoo! JAPAN
 
Web kids-abroad.net
Google
 
Web kids-abroad.net
研究者の妻たちへ - 子供を連れてアメリカ留学
Google
スポンサード リンク
メールマガジンのご登録(無料)
kentsumaguide125x156.gif

『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』 無料進呈中!

子供を連れてアメリカ留学!
研妻生活支援メルマガ

お名前(姓・名)
メールアドレス

このサイトの登録・検索

RSSリーダーに登録 

    はてなRSS
feedpath    Add to Google


サイトをお気に入りに追加   ご意見・お問い合せ

『研究者の妻たちへ』サイト内検索


複数キーワード検索は、キーワード間を半角スペースで区切って下さい。
おすすめ関連書籍
最新エントリー
表紙を飾った写真たち
アメリカのクリスマスディナー
アメリカのテレビ(地上波アナログ放送終了)
アメリカのヘルシースナック(小学校)
アメリカでもエコバッグ
ビザ免除プログラム(VWP: Visa Waiver Program)と電子渡航認証システム(ESTA: Electronic System for Travel Authorization) 
Automatic Revalidation of Visa
薄切り肉の作り方
アメリカのCostcoは本当に安いのか?
アメリカのゴルフコース
アメリカのオーガニック食品
アメリカの乳製品
ガソリン節約術
Sugar Freeクッキー
Macintosh で Windows Media Video(WMV)ファイルを見る方法
アジアのサラダ(ヤムウンセン)
英語習得法
表紙を飾った写真達
英語の挨拶
アメリカの乾電池

Last updated
2010年11月18日

   

世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中

【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】

当サイトの最新記事・厳選情報をメールでお届けします。今ならメルマガにご登録いただいた方に、無料レポート
『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』
をプレゼント中!

お名前(姓・名)
メールアドレス

※ご入力いただいたメールアドレスは、【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】に代理登録されます。

[閉じる]