子供の学校 - チャータースクールとマグネットスクールー

最近日本でも注目されつつある、チャータースクールとマグネットスクール。聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

どちらも公立校なのですが、それぞれ特色が違います。

チャータースクール

チャータースクールは1992年ミネソタ州で設立されたのが始まりです。現在は37の州で約2700校、約70万人の生徒が通っています。州によってそれぞれ「charter law」があり、その法律の基準に満たされている学校のみが、チャータースクールの認可を受けることができます。

チャータースクールの運営費はすべて公費でまかなわれ、学費を払う必要は一切ありません。そして、最大の利点は親や教員、その地域に住む人たちの要望を取り入れた、独自の教育方針を打ち出すことが出来ることです。その結果、少人数制のきめ細やかな教育を、公立校でありながら実現することが出来るのです。いじめや不登校といった問題解決の糸口にもなっています。しかし、「成績向上」の結果もきっちりと残さなければ、チャータースクールの認可を取り上げられてしまうという、厳しい面もあります。

マグネットスクール

マグネットスクールは、チャータースクールよりも歴史は古く、1971年テキサス州で最初に設立されました。

子供ひとりひとりが持っている、興味や特技をのばし、そして、その地区の学力向上を狙いとしています。チャータースクールはその学区内に住んでいれば、だれでも申し込みが出来る(かなり長い待ちがあるようですが)のに対し、マグネットスクールは学区には関係ないのですが、入学に際してテストがあります。

そして、学校全体がマグネットスクールの場合と、そうではない場合があります。すなわち、一つの普通の公立校の中に、マグネットのクラスがいくつか存在するということです。

マグネットの種類はアート、音楽、化学、算数などさまざまで、クラスをあげてこれらの分野を集中的に掘り下げて勉強することになります。ですから、生徒は自分の得意な分野に力をいれているマグネットスクールを選択することで、より深く勉強することができます。

しかし、一方で平均的な学力が付きにくいのではという懸念があることも事実です。

これは実際に私の友達で、お子さんをマグネットスクールに通わせている方に聞いたのですが、マグネットスクールの狙いの一つは、「地域の学力向上」なので、学校の所在地は治安があまり良くない事が多いそうです。そして、自分の子供がたとえ「マグネットクラス」だとしても、他のクラスは普通のお子さん、しかも学区の悪い地区にあるので、授業以外の時間で一緒になるとき(カフェテリアでランチを食べるなど)は、あまり環境が良くないそうです。

以上の事を考えると、マグネットスクールに申し込む場合は、学校の所在地と学校単位なのか、クラス単位なのかをしっかり確認してからにされるとよいと思います。

どちらも公立校でありながら、子供たちの将来性を重視した教育システムであり、こういう所からもアメリカの柔軟さがうかがえます。

ホーム > 子供の生活 > 現地校 > 個別ページ (2005年02月20日投稿 - 2007年10月26日修正)

スポンサードリンク

Copyright © 2004-2006 Kids Abroad Net. All Rights Reserved.
Yahoo! JAPAN
 
Web kids-abroad.net
Google
 
Web kids-abroad.net
研究者の妻たちへ - 子供を連れてアメリカ留学
Google
スポンサード リンク
メールマガジンのご登録(無料)
kentsumaguide125x156.gif

『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』 無料進呈中!

子供を連れてアメリカ留学!
研妻生活支援メルマガ

お名前(姓・名)
メールアドレス

このサイトの登録・検索

RSSリーダーに登録 

    はてなRSS
feedpath    Add to Google


サイトをお気に入りに追加   ご意見・お問い合せ

『研究者の妻たちへ』サイト内検索


複数キーワード検索は、キーワード間を半角スペースで区切って下さい。
おすすめ関連書籍
最新エントリー
表紙を飾った写真たち
アメリカのクリスマスディナー
アメリカのテレビ(地上波アナログ放送終了)
アメリカのヘルシースナック(小学校)
アメリカでもエコバッグ
ビザ免除プログラム(VWP: Visa Waiver Program)と電子渡航認証システム(ESTA: Electronic System for Travel Authorization) 
Automatic Revalidation of Visa
薄切り肉の作り方
アメリカのCostcoは本当に安いのか?
アメリカのゴルフコース
アメリカのオーガニック食品
アメリカの乳製品
ガソリン節約術
Sugar Freeクッキー
Macintosh で Windows Media Video(WMV)ファイルを見る方法
アジアのサラダ(ヤムウンセン)
英語習得法
表紙を飾った写真達
英語の挨拶
アメリカの乾電池

Last updated
2010年11月18日

   

世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中

【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】

当サイトの最新記事・厳選情報をメールでお届けします。今ならメルマガにご登録いただいた方に、無料レポート
『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』
をプレゼント中!

お名前(姓・名)
メールアドレス

※ご入力いただいたメールアドレスは、【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】に代理登録されます。

[閉じる]