おせち料理

今日は大晦日。朝からおせち料理作りに大忙しでした。日本に住んでいたときは、近くのスーパーで買ってきて、お重に詰めるだけでしたが、ここではそう言うわけにはいきません。

日本食材店に行けば、出来合いのおせちも売っていますが、日本の3倍ほどの値段なので、到底手がでません。材料も高いのですが、それでも作ったほうが断然、安上がりです。

それに、子供達のためでもあります。日本の行事は家で盛大にやってあげないと、何処に行ってもおせち料理なんて出てきませんからね。

Osechi.jpg

毎年、家族に好評の黒豆が、今年は今ひとつの出来で残念でした。というのは、多分豆のせいでしょう。(責任転嫁!)

日本食材店で買ったのですが、あの値段(確か$3くらい)からするとアメリカ産だったのだと思います。あまりの安さに飛びついたのですが、失敗でした。

黒豆は普段からちょくちょく煮ているのですが、せっかくおせちに入れるのだから、奮発すればよかったな〜っと後悔しました。

きんとんも、水飴を入れて照りを出すところですが、今年は水飴を入れずに砂糖のみで味付けしました。そうしたら、芋羊羹というか、スイートポテトというか、あの黄金色は出せませんでした。ちなみに、毎年我が家のきんとんは、芋だけです。栗は入っていません。もちろん予算の関係からです。

伊達巻きと田作りは成功でした。特に田作りは日本から送ってもらった、田作り用の煮干しだったので、最高に美味しかったです。

いろいろ四苦八苦しながら、乏しい材料の中で作ったおせちではありますが、お重に詰めてみると、いちようそれらしい物に出来上がりました。

夕飯は天ぷらと年越しそば、そして奮発して買った日本酒を飲みながら、カウントダウンをしたいと思います。

外では打ち上げ花火の音がしています。

来年もこうして家族そろってカウントダウンが出来ますように。

ホーム > 料 理 > 料理メモ > 個別ページ (2004年12月31日投稿 - 2006年04月15日修正)

スポンサードリンク

Copyright © 2004-2006 Kids Abroad Net. All Rights Reserved.
Yahoo! JAPAN
 
Web kids-abroad.net
Google
 
Web kids-abroad.net
研究者の妻たちへ - 子供を連れてアメリカ留学
Google
スポンサード リンク
メールマガジンのご登録(無料)
kentsumaguide125x156.gif

『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』 無料進呈中!

子供を連れてアメリカ留学!
研妻生活支援メルマガ

お名前(姓・名)
メールアドレス

このサイトの登録・検索

RSSリーダーに登録 

    はてなRSS
feedpath    Add to Google


サイトをお気に入りに追加   ご意見・お問い合せ

『研究者の妻たちへ』サイト内検索


複数キーワード検索は、キーワード間を半角スペースで区切って下さい。
おすすめ関連書籍
最新エントリー
表紙を飾った写真たち
アメリカのクリスマスディナー
アメリカのテレビ(地上波アナログ放送終了)
アメリカのヘルシースナック(小学校)
アメリカでもエコバッグ
ビザ免除プログラム(VWP: Visa Waiver Program)と電子渡航認証システム(ESTA: Electronic System for Travel Authorization) 
Automatic Revalidation of Visa
薄切り肉の作り方
アメリカのCostcoは本当に安いのか?
アメリカのゴルフコース
アメリカのオーガニック食品
アメリカの乳製品
ガソリン節約術
Sugar Freeクッキー
Macintosh で Windows Media Video(WMV)ファイルを見る方法
アジアのサラダ(ヤムウンセン)
英語習得法
表紙を飾った写真達
英語の挨拶
アメリカの乾電池

Last updated
2010年11月18日

   

世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中

【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】

当サイトの最新記事・厳選情報をメールでお届けします。今ならメルマガにご登録いただいた方に、無料レポート
『研妻のためのアメリカ留学準備ガイド』
をプレゼント中!

お名前(姓・名)
メールアドレス

※ご入力いただいたメールアドレスは、【子供を連れてアメリカ留学!研妻生活支援メルマガ】に代理登録されます。

[閉じる]